So-net無料ブログ作成
検索選択

フォーカス・リーディング

フォーカスリーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術 (単行本(ソフトカバー))
寺田 昌嗣 (著)

内容紹介
読むスピードを追求しつつ、内容をしっかりと頭に叩き込み、
しかも確実に成果を出す・・・。
そんな「いいとこどり」の読書術こそが、
「フォーカス・リーディング」
著者が独自開発したこのメソッドは、単なる速読に留まらない深い内容を持ちつつ、
結果的にはどんな速読講座よりも速く本が読めるようになると評判に。
以来セミナーは常に満員御礼、キャンセル待ちが出ている状況だ。
そんな著者のセミナーを誌上実況中継したのが、本書である。


かるく読んだんですが、まだちゃんと読んでいません。ただ、ちょっと興味が失せてしまったのでまた自分の興味が復活した頃に読みたいと思います。面白くないという意味ではなくて、ただ自分の波がはずれてしまっただけのことです。

本屋さんに行くために

20080903185924_2.jpg本屋さんに行くために今日は頑張ろうと思います。まず学校に行ってシミュレーションを回す。そして明日の繋ぎを準備してから空港に向かいます。
空港に着いたらやっと本屋さんに行くことができます。

セレンディピティ

セレンディピティ(英: serendipity)とは、何かを探している時に、探しているものとは別の価値あるものを見つける能力・才能を指す言葉である。何かを発見したという「現象」ではなく、何かを発見をする「能力」のことを指す。(平たく云えば、ふとした偶然をきっかけに、幸運を掴む事。)

ってウィキペディアには書いてあります。
セレンディピティ。
これって結構いろんな人が分かる感覚だと思います。なんとなくいろんな自分に近いものを寄せる能力って誰でも持っていると思います。こういう言葉があるのが分かると余計にセレンディピティ。
楽しい世界が広がってますね。

本をつまみ読みする

20080901112356_2.jpg本はつまみ読みするのが一番効率が良いと思います。もちろん小説なんかはつまみ読みがあんまりできないですよね。つまみ読みをするとわけがわからなくなる可能性があると思います。でもそれ以外のジャンルだったらだいたいできるんじゃないでしょうか

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。