So-net無料ブログ作成
検索選択

グーグル辻野社長が会見「日本独自戦略」「YouTube収益化」明言

グーグル辻野社長が会見「日本独自戦略」「YouTube収益化」明言
その一方、2009年は経済環境に加えて、競合との争いも厳しくなると予想。こうしたことから、「2009年はAdWordsやAdSenseに加え、広告ビジネスの新機軸を打ち出さなければならない年」と述べ、新たにYouTube経由の広告収入を軌道に載せる考えを打ち出した。「去年までは主に著作権対策を進めてきたが、いよいよYouTubeもフェイズ2。収益化に向けた本格的なアプローチを進めたい」。

youtubeはとてもすごいと思います。動画サイトってストレージ容量ばっかりが大変になっていくから運営するのは大変だって聞いたことがあるんですけど、そのなかで、youtubeはどんどん画質が向上している。
最近はワイドになったり、高画質版を提供したり。
youtubeが収益でもグーグルを助けるようになったら、他の動画サイトにも励みになるんじゃないのかな。

イギリスの崩壊

イギリスの崩壊
米国オバマ政権の就任と時期を合わせたかのように、英国の金融崩壊が急速に進んでいる。昨年9月のリーマン倒産を機に一気に悪化した米国発の国際金融危機は、それまでのレバレッジ金融の金余りによって高値になったロンドンの不動産などの相場を急落させた。その後、昨年末の決算時に英金融機関の資産の時価評価額が減り、いくつもの大手銀行が事実上の債務超過に陥っていることが、今年に入ってわかった。  ロンドン不動産など英国に投資して儲けていた資金の3分の1は、外国からの流入だった。たとえば昨秋に財政破綻したアイスランドの金融界は、国家経済規模(GDP)の10倍もの資金を全欧から集めていたが、その主たる運用先は英国だった。金融危機がひどくなるにつれ、世界から英金融界に入っていた資金は流出し、英ポンドは下落した。世界金融の中心として300年の歴史を持つ英金融界と英政府は、アイスランドの銀行家のような「素人」とは違って手練手管を持っており、英金融界はリーマン・ショック後すぐには崩壊しなかったが、今年に入ってさすがに状況が厳しくなってきた。

イギリスって金融がとても進んでいると聞きました。
いち早く製造業から抜け出した国ですよね。
いろんな大変なことがあるんでしょうけど、イギリスならきっと大丈夫だと思います。

yahoo と google

【SEOリサーチ】「Yahoo!検索では1位なのに、Google検索では60位」 両方に評価される効率的なSEO施策とは?:MarkeZine(マーケジン)
Yahoo!とGoogle 押さえておきたい2つの違い * Yahoo!は人間による評価も。Googleは全てロボットによる評価。 * Yahoo!はトップページを評価。Googleは末端ページを評価。

これは普段から感じていることだと思います。検索したいキーワードによってヤフーを使うかグーグルを使うかをかえています。
本気を出したいときはグーグルで調べて、ミーハーなキーワードをミーハーな説明で聞きたいときはヤフーを使うといった感じでしょうか。

リスニング学習

Yapprという動画による集合知的な英語リスニング学習用Webサービスがすごい - yanbe.log
CNNのニュースなどの動画で練習するのもいいですが,ある程度慣れるまではスクリプトがあった方がシャドーイングをやりやすかったりと,学習効率の面ではベターです.英語の動画対してスクリプトがつけられていて,なおかつ楽にスクリプトが読めるインタフェースのものがないか探してみたら,あっさり見つかりました.YapprというWebサービスです.

これはちょっと面白そう。
今度試してみようと思います。yappr。覚えておきます。いつかはニューヨークとかシリコンバレーとかに住んでみたいです。あとロンドンローマにも住んでみたい。住んでみたいって、けっこう大変なのかなぁ。

綺麗な写真

長時間露光で撮影した印象的な光が写りこんだ美麗写真 - GIGAZINE
シャッター速度を遅くすることで、動いているもののいない風景や光の軌跡を撮影できる長時間露光。人間の目では普段見ることのできない不思議な風景写真をご紹介します。

とても綺麗です。こんな風になるんですね。ちょっと自分でもとってみたいです。こういうのってどうやったら自分でもとれるんでしょうか。
露光時間を自分で任意に変えられるようなものじゃないとできないんですよね。
ちょっと調べてみようかな。
それにしても綺麗だ。

書きとめること。考えている途中をメモするということ。 かみんぐあうとっ

書きとめること。考えている途中をメモするということ。 - かみんぐあうとっ
今というか、昨日思ったこと。 私の場合、ついなんでも答えをすぐに出そうとしがちだけれど、こうしてブログや日記に「書きとめておく」ということで「よし」としてもいいんじゃないかなって。 答えを無理やり出さなくてもいい。 結論がすぐには出ないこともある。 機が熟せば、あるいは時が来たらわかること、時間が解決してくれることもあるんじゃないかな、と思ったり。 もしかしたら、ある日ひらめいてすっきりとすることもあるかもしれないし、アンテナをはりつづけることで、答えや答えに近づくヒントを得られるかもしれない。

書き留めておくとあとでみることができるし、とても共感出来ます。
ブログのいいところは、あとから検索できることですね。
検索機能の弱いブログサービスを使っている場合でも、自分のブログにグーグルの検索を導入することで強い検索を可能にすることができます。
これってとても便利だと思います。
思いついたらなんでもブログに書く。それが溜まって、それをまた見ることでさらに何かを思いつく。
脳みそのなかだけで思考を回すのもいいけど、ブログを使って、もっとダイナミックに思考を回すことができれば思いつくことも多いと思う。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。